インプラント治療を始める前にどのくらい費用がかかるか

インプラント治療を始める前にどのくらい費用がかかるか心配だと思います。

ちょっと調べればわかりますが、治療費は歯科医院ごとに差があると考えるべきです。

この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため金額は歯科医院次第です。

それでも、相場はあると言えます。

インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが一般的な相場とみて良いでしょう。入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラント。

使用年数は原則的には一生持つとされていますが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行えるかどうかや、手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。

毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、インプラントの土台となっている骨にも悪影響が出るので、人工歯が役に立たないどころか、インプラントの寿命が縮められ、場合によってはインプラント治療のやり直しも必要になります。

他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、再度、大がかりな手術を行っていったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。

埋入するのもリスクがあって、埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。

インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、ケアはそこで終わりではありません。治療後の綺麗な状態を維持していけるかどうかは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。

劣化させないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれますから、毎日欠かさず行うようにしましょう。

自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。

加えて、自分の歯の神経ではなくなりますから、口腔内の異常に自分で気付くことが難しくなります。治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。

典型的なインプラント治療は、大きな3つの関門があります。

まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。

それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成という段階を踏みます。

どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまでで約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。

インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。

一本のインプラント治療にかかる費用はインプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。地域差もあり、歯科医院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに治療費は相当変わってくるので、複数の医院の費用を調べて比較検討し、最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。

歯科医院決定に大事なのはその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。

費用が高額なので、多くは一括払いだけでなく分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってメンテナンスは自分の歯より楽と考えてはいけません。

義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。

自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯科医や衛生士の指導に従って、セルフケアは欠かさないようにしましょう。そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、歯の土台となるアゴの骨に穴をあけ、「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。

入れ歯と比べて格段に手間がかかる分、自分の歯のように自然に食べ物を噛むことができ、見た目も義歯とは分かりません。

この最新の治療法には、歯科医をはじめ、歯科技工士などのスタッフの極めて高い医療スキルが必須といえるでしょう。それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療ということです。いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。

インプラントの特徴として当然、虫歯にはなりませんが、歯肉炎や歯槽膿漏は十分起こりえます。

せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングは手を抜くことができません。

ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればそれはインプラント周囲炎の可能性があります。

感染が重篤化する危険性があるので至急歯科医にかからなければなりません。人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。

保険がきけば治療を受ける方の数も増えるかもしれません。

それでも保険適用外なのはインプラントを入れるという一連の治療はブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。インプラントを埋め込む手術前後の処置や、かみ合わせの調整などに時間がかかり完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。

もしこの治療が保険適用だったら、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。インプラント治療による危険性をいろいろな情報媒体から調べているでしょうが、問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるといった口コミがあったかもしれません。

しかし、それは正しくありません。

磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。

インプラントには主にチタンが使われており、磁気に反応しない性質を持っていてMRI検査への影響はありません。

歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいと、患者が考えている場合です。ブリッジ治療で考えると、両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。

インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので失った歯だけを根元から再生する治療になります。両隣の歯を削って支えにするのはもったいないという要望がある場合、他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。がんばって終わらせたインプラント治療も、治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、デンタルケアを欠かさないことが重要です。

毎日、しっかりブラッシングすることでプラークコントロールを継続した上で定期的な検診を欠かさず継続する必要はずっと続きます。

インプラントが虫歯になることはありませんが、普段のケアができなくなると歯周炎などの可能性があります。

インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けての特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしても院内感染の心配はあるものです。

ですから、歯科医院を決めるときに感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが重要事項の一つになります。院内感染防止の対策をホームページ上で具体的に示している歯科医院もごく普通になっているので、まずはそこを見てください。インプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性は決して看過できるものではありません。インプラント治療が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。

手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることが治療の成否を分けます。

組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などが確実にマイナスの作用があります。インプラント治療の成功を願うなら、思い切って、治療が終わるまでの間はしっかり禁煙するべきでしょう。インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医の治療を受けようとすればどこの国までも治療を受けに行くという手段もあります。インプラント治療は北欧諸国が特に進んでおり、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。インプラント治療で、失った歯を取り戻すためには決してあきらめてはいけません。

できるだけ幅広く情報収集することに努めましょう。

どうにもならない虫歯で、ついに歯を抜かなければならなくなりました。ブリッジという選択肢もありましたが、インプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されて治療を受ける決心がつきました。

自費診療なので、かなりの額になりますが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。

治療後、噛めるようになると、ほどなく虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたので歯医者さんに言われたとおりだと思いました。歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。虫歯などが原因で、大きく歯を削った場合でも、歯根部が損なわれていなければ冠のような形の義歯をつくり、クラウンという義歯をはめられます。これに対し、抜歯した後は、もし、入れ歯を採用しない場合、失った歯根を補うため、人工歯根を埋入するインプラント治療を検討することになります。

入れ歯で食べることに抵抗がある、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方にぴったりくるのはインプラントです。

外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらに上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、費用がかかることは確かですが入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、噛んだ感じも自分の歯に近くなります。何よりも見た目の自然さや快適な使用感を譲れない方にふさわしい治療です。インプラント埋入手術の直後、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため他の歯の神経も刺激されて反応したためで、インプラントが落ち着けば、その反応も静まることが多いです。しかし、原因が他にあることも考えられるので、治療中に異変を感じたら放っておかずに歯科医にみせることに努めましょう。人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金など金属アレルギーがほとんど起こらない素材から作られています。インプラント治療は基本的に保険外治療で全額自費を覚悟しましょう。

余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくと治療や手術への心配がなくなるでしょう。費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。実際のところまだ定説になっていませんが、定期的なメンテナンスが行われていれば本来の歯同様の耐久性を得られるというのが多くの意見です。ということは、日頃のケアを欠かさなければ長い間自分の歯と同じように使えますが、ケアが十分でなければ歯周病など、異常が起こることがあるということを肝に銘じておくべきです。

インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思います。それは、治療を行う歯科医の腕や、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、必ずこうだと言い切れるものではなく、結局、治療してみるまで分からないということになります。

痛み止めの薬などを服用して、患部を冷やすなどの処置で痛みが引く場合が多いですが、それでも数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、その部品の接続構造により、複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。

人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられる1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、そのコネクション部分の形状により、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションがあり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。

ご存じの通り、インプラント治療はほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。ただし、問題なく医療費控除を受けられます。確定申告の一項目として、医療費控除は収入から医療費を控除されます。

確定申告をするときの注意点として歯科医を利用したときに必ずもらう領収書が医療費の支払い証明になるので絶対再発行されないと肝に銘じておき、暦年単位で、大事に保管しておきましょう。

近年市民権を得てきたインプラント。人工歯の組成には、多くの場合、セラミックが使用されています。セラミックとは要するに陶磁器であり、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、歯科技工士という専門スタッフの経験と技量が影響してきます。熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスを必要とする、高レベルな作業なのです。

当然、一つ一つの義歯の作成には時間もかかるので、時間・技術ともに大きなコストがかかってくる結果、従来の金歯よりも高額になるのです。技術の進歩した今では、歯科医の技量も上がり、インプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。

義歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、食事の際にグラグラと動いてしまうなどといったトラブルの事例もあるようです。

これは、インプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることのせいといえるでしょう。

なるべくなら、インプラントを専門としている歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。

「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。

つまり、歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。

当然、歯が全く残っていない状態では、そもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのです。

さて、そこでインプラントですが、これはインプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、その上に義歯を装着して固定するというものです。

歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。

インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。

入院する必要はまずありません。

麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは入院して手術しなければならないケースもあります。また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。

自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、入院が必要になることもあるので、注意してください。これらのどこかに当てはまる方は信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。インプラント治療も万能ではなく、基本的には他の治療が難しい方に適用されます。

抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由でインプラントしかないとされるという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは自分の歯に近い噛み心地が得られ、食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。

home-coming.jp